1. 秦野・伊勢原の不動産 > 
  2. 秦野支店ブログ > 
  3. ~スマートフォンや車載リモコンでカーゲートを開閉し、スムーズな車の出し入れが可能に~

最新情報&スタッフブログ

~スマートフォンや車載リモコンでカーゲートを開閉し、スムーズな車の出し入れが可能に~

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、ネットワークシステムを活用して室内やエクステリアとスマートフォンを繋ぎ、住まいに安心と快適をもたらす「スマートエクステリア」シリーズに、スマートフォンでカーゲートの開閉操作を行うことができる「カーゲート用通信ユニット」を新たに追加し、2017年6月から全国で発売します。

「スマートエクステリア」シリーズは、IoT技術により、室内からエクステリア空間までしっかり見守るホームネットワークシステムです。通信機器「ホームユニット」をご家庭の無線LAN環境に接続し、各機器をユニットに登録することで、スマートフォンを使って、屋内外の映像の確認や、音声のやり取り、また宅配ボックス「リンクスボックス」に接続すれば荷受けの確認がどこでもできるようになるなど、便利で安心な暮らしを実現します。

今回新たに発売する「カーゲート用通信ユニット」は、「ホームユニット」と接続することで、スマートフォンの専用アプリや車載リモコンを使ったカーゲートの開閉操作が可能になり、スムーズな車庫の出入りを可能とします。また、音声認識機能を活用した開閉も可能となっており、車内で手元の操作をする必要がありません。さらに、カーゲートの開閉通知によって家族の外出や帰宅をスマートフォンで確認できるほか、屋外カメラと連動することで侵入者が近づくと検知し、通知してくれるのでご自宅の見守りにも安心です。

LIXILは今後も、「スマートエクステリア」シリーズをはじめとした住まいに安心と快適をもたらす商品を通じ、お客さまのより豊かな暮らしを提案してまいります。

<参考資料>

■「カーゲート用通信ユニット」商品特長

1.スマートフォンや車載リモコンでカーゲートの開閉が可能に

通信機器「ホームユニット」をご家庭の無線LAN環境に接続し、「カーゲート用通信ユニット」とつなぐことで、スマートフォンで簡単にカーゲートの開閉を行うことができます。さらに、スマートフォンの音声認識機能を活用した開閉も可能となっており、車内で手元の操作をすることなく、ご利用いただけます。

また、車載リモコンで開閉操作もできるほか、エンジンONと連動してカーゲートが開くように設定※1できる「スムーズ外出モード」もご利用いただけます。

※1「スムーズ外出モード」は、カーゲートを開ける操作のみとなり、閉める操作は手動となります。

スマートフォンで開閉操作が可能        

音声開閉モードも搭載

        車載リモコンでも開閉操作可能

2.開閉通知やカメラ連動で安心

屋外カメラと連動し、セキュリティ対策にも

カーゲートの開閉が行われるとスマートフォンに通知が届き、家族の外出や帰宅をスマートフォンで確認できる開閉通知機能や、屋外カメラを設置することで侵入者を検知しスマートフォンへ通知、映像の録画や音声による警告も可能なカメラ連動機能も搭載。ご自宅の見守りにもご活用いただけます。

3.取付対象商品

LIXILのカーゲート商品「オーバードアS」シリーズ(電動タイプ)、および「プレミエスゲート」シリーズ(電動タイプ)に取付可能です。また、既設の「オーバードアS」シリーズ(電動タイプ)にも取付可能です。

オーバードアS
ワイドオーバードアS
(電動タイプ)

プレミエスゲート
(電動タイプ)

■「カーゲート用通信ユニット」構成・価格

ホームユニット

カーゲート用通信ユニット

屋外カメラ

○価格

ホームユニット:25,000 円
カーゲート用通信ユニット:(1台用)32,000円/(2台用)47,000円
屋外カメラ:(電源直結式)43,000円/(電源コード付き)45,000円

※価格には、消費税・取付費・運賃等は含まれません。
※カーゲート用通信ユニットの1台用・2台用の違いは車載リモコンの入数です。

■「スマートエクステリア」について

1.「ホームネットワークシステム」

スマートフォンと連動するLIXILの「ホームネットワークシステム」。外出先からスマートフォンでご自宅の様子を確認でき、映像を録画することも可能です。

ご家庭の無線LANと各機器を無線通信で繋ぐ「ホームユニット」のほか、ファサードの見守りに最適な屋外カメラ、愛車を見守るカーポートカメラセット、ガーデンルームにも使える屋内カメラなどをご用意※2しています。

※2 ホームユニット1台につきカメラ4台まで接続が可能です。

2.簡単接続で、定額費用も不要

ご自宅の無線LANに「ホームユニット」を接続し、各機器の登録ボタンを押すだけなので、面倒な配線工事は一切必要ありません。「ホームユニット」から屋内・屋外カメラの通信距離は見通し約100m、電波干渉しにくく繋がりやすいDECT準拠方式※3を採用しています。

また、ご利用にあたり定額費用は不要で、お手持ちのスマートフォンに専用アプリ※4を無料ダウンロードして、「ホームユニット」に登録するだけで使用可能です。

※3 Digital Enhanced CordlessTelecommunications:ETSI(欧州電気通信標準化機構)の商標で、世界で広く普及している無線通信方式のひとつです。当製品は、ARIB(一般社団法人電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠した1.9GHz帯の無線通信方式を採用しています。

※4 一部の機種のスマートフォンには対応していません。

3.外出先からでも投函確認可能な宅配ボックス「リンクスボックス」とも接続可能

「リンクスボックス」は留守の際や、来客や家事などで手が離せない時でも荷物を受け取ることができる宅配ボックスです。

「ホームネットワークシステム」に接続すると、荷物の受け取り・取り出し状況がスマートフォンで確認できます。操作がしやすいタッチパネル式電子錠を採用しています。電子錠はリチウム電池使用のため、配線工事は不要です。




秦野市・伊勢原市の不動産(新築一戸建て・中古住宅・土地・中古マンション)をお探しなら
マッケンジーハウス秦野支店へお任せください!
注文住宅の建築やリフォーム工事も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です